フェレロの
チョコレートの
保存方法

 

製品の輸送・保存の際には、温度の急激な変化を避けていただくようお願いします。
22℃以上の温度下に長時間さらされると、風味や形状が損なわれる恐れがあります。

チーズや香水、香辛料のような、においの強い物の近くに保管すると、
製品の風味が影響を受ける可能性があるため、そのような場所は避けていただくようお願いします。

プラリネチョコは、乾燥した涼しい場所(18~22℃)に保管することをお勧めします。
16℃以下であっても、製品の品質には影響がありませんが、原材料の味と香りが感じづらくなる可能性はあります。低温下では味が変わってしまうことがあるため、フェレロでは製品の冷蔵保存は推奨しておりません。気候上の問題のために製品を冷蔵庫で保存しなければならないときは、ぜひ気密性のある容器に入れて保存していただくようにお願いします。

製品は熱源(オーブン、トースター、グリル、キャッシュレジスター、
冷蔵庫、暖房、ラジエーター)や直射日光(窓、ハロゲンスポットライト)から離して保管していただくようお願いします。
そのような場所にさらされている時間によっては、製品の品質が影響を受ける可能性があります。

見た目や風味が変わってしまう恐れがあるため、
製品を湿度60%以上の環境下にさらすことは、できるだけ避けていただくようお願いします。