Our Cocoa

フェレロのカカオ

コミットメント

フェレロは、責任あるカカオのサプライチェーンに向けた取り組みを約束しています。フェレロファーミングバリューカカオプログラムと呼ばれるカカオのサステナビリティプログラムの一環として、レインフォレスト・アライアンスなどの認証制度や、サプライヤー、業界パートナー、NGOなどと協力しています。これにより、農業従事者やその家族、そして彼らが所属する地域社会に対する、前向きで長期的な変化を後押しすることを目指しています。

Knowing the source of our Cocoa

カカオの生産者を知る

当社が使用する高品質なカカオは、主にコートジボワールとガーナで生産されています。この2か国は世界のカカオ生産の60%以上を占めています。私たちは複雑な追跡システムを使い、農園、調達エリア、現地プログラムのマッピングを実現しています。このシステムはまた、森林破壊の防止や、農業従事者に対する優れた農法実践の指導、地域社会における持続的で前向きな変化の推進といった私たちのコミットメントを支えています。

Basic requirements and beyond

基本的な要件、そしてその先へ

2021年1月の時点で、フェレロ製品に使用されるカカオの100%が主要な認証機関やレインフォレスト・アライアンス(UTZ)、フェアトレードなどの自主管理基準を通して調達されています。サステナブルなカカオを調達し、トレーサビリティを確保することは、フェレロの取り組みの基本的な要件です。フェレロは農業従事者の暮らしの向上や子どもの人権の擁護、環境の保護を目的としたさまざまなイニシアチブを実施することにより、さらに先へと進んでいきます。

Partnership

前進するためのパートナーシップ

フェレロは世界カカオ財団、国際カカオイニシアチブに長年加盟しており、森林破壊の終結を目指すカカオと森林イニシアチブの創設メンバーです。2020年、フェレロはコートジボワールの600万人以上の子どもたちに質の高い教育を提供するチャイルド・ラーニング・アンド・エデュケーション・ファシリティ(CLEF)、幼児期の発達促進を目指すアーリー・ラーニング・アンド・ニュートリション・ファシリティ(ELAN)の2つの官民イニシアチブを支援する意向を発表しました。

Cocoa

カカオのサステナビリティの向上

カカオが栽培され、収穫される農園から、フェレロの美味しい製品をお客様が楽しむまでは長い道のりです。その道のりの一歩ごとに、カカオが高い基準を満たし、カカオ生産の環境的、社会的サステナビリティを向上させ続けるために、フェレロはパートナーとともにあります。

フェレロのカカオ

栽培地

フェレロのカカオは主にコートジボワールとガーナで生産されています。カカオは、カカオの木に実るカカオポッドからとれます。1つのカカオポッドの中には30~40個の大きな種子が入っています。これがカカオ豆です。

Tracing cocoa

カカオを農園まで辿る

フェレロは、カカオが農園からお客様のもとに届くまで、非常に高いトレーサビリティを実現しています。これは、カカオのほとんどを生豆の状態で調達し、別々に保管し、フェレロの自社工場で加工するという独自のアプローチによるものです。こうしてカカオがどの農園で生産されたものかを把握しているのです。これは、問題を特定したり、協同組合や農家と協力して現地での前向きな変化を推進したりするのに役立っています。

Supporting woman

女性の支援と地域社会のエンパワーメント

カカオ生産に関わるコミュニティの女性たちは、経済面、環境面、社会面で変化をもたらすだけでなく、子どもを守るためにも重要な存在です。当社では、ターゲットを絞ったプログラムやパートナーシップを通して、女性のエンパワーメントや男女格差の是正を支援しています。フェレロの支援により、これまでにすでに数百の村内貯蓄貸付組合(VSLA)が設立され、数千人の女性に起業家活動のための少額融資や、ビジネスの立ち上げや運営のための研修を提供しています。

フェレロのカカオ

栽培方法

世界のカカオの大部分は小規模農家によって栽培されていますが、こうした農家は、カカオの生育には適切な条件が必要であるという課題に直面しています。水と肥料は不可欠で、さらに病気やストレスからも守らねばなりません。私たちはカカオ農家がサステナブルな農法を採用できるよう支援しています。

Diversyfing farm income

生産者への支援

カカオの生産性を高めることは生産者にとって重要です。それによって収入が増えることにつながるからです。フェレロファーミングバリューカカオプログラムに参加しているすべての生産者は、生産品に対して価格プレミアムを受け取っています。サステナブルなカカオ生産のための研修は生産者の間で人気があり、フェレロはこのような生産者向けの「フィールドスクール」が優れた農業的、環境的慣行を指導する技術者を採用できるよう、こうした学校への投資を支援しています。

Supporting Farmers

農園収入の多様化

カカオはそれだけで年間を通した収入を得られる作物ではありません。また、人間らしい生活水準をもたらすには不十分である場合が多いのです。フェレロは生産者たちが農園に他の果樹や材木用樹木を植えたり、養蜂やはちみつ生産、畜産を行ったり、農園以外で収入につながる活動を始めたりして収入を多様化できるよう支援しています。

フェレロのカカオ

収穫後

カカオ豆は年2回収穫されます。収穫後は殻から取り出し、バナナの皮を被せて1週間ほど発酵させます。こうすることで、カカオの香りの元となる成分が醸成されます。その後さらに7日間、熱帯の太陽のもとで乾燥します。この発酵と乾燥の作業は女性が担うことが多く、男性は通常カカオの栽培、収穫、販売を担当しています。

Quality checks

品質チェック

カカオの収穫は年によって変化し、当然作物の質や特徴も同じではありません。私たちは経験を駆使し、フェレロ ロシェの品質と美味しさを確実なものとする最適な配合を決めています。生産者たちは、近くの購買所(大抵は小さな倉庫)へ麻袋に入れたカカオを持ち込みます。そこでカカオ豆は、当社の工場へ来るまでに通過する数多くの品質チェックのうちの、最初のチェックを受けます。

私たちのサステナビリティへの取り組みをご紹介します

ヘーゼルナッツ

他の原材料に関するサステナビリティへの取り組み についてもっと知る。