Hero image

フェレロのヘーゼルナッツ

フェレロの目指すもの

それは、すべての人に対して価値を生み出すようなヘーゼルナッツ産業を支える原動力となることです。それは、再生農業の実践によって農業従事者や農村が豊かに繁栄し、労働者や子どもたちの権利が尊重され、環境の価値が高まるものです。 

BASIC REQUIREMENTS AND BEYOND

基本的な要件、そしてその先へ

すべての人に対して価値を生み出すようなヘーゼルナッツ産業を支える原動力となる、という目標に向けて、私たちは フェレロヘーゼルナッツ憲章 を発表しました。この憲章では、3つの優先分野に基づく要件とコミットメントの概要を示しています。 その優先分野とは、人権と社会的慣行、環境保護とサステナビリティ、サプライヤーの透明性の3つです。

Our Hazelnuts

ヘーゼルナッツのサステナビリティを高める

ヘーゼルナッツのサプライチェーン活動をすべて統括するフェレロ ヘーゼルナッツ カンパニー (HCo)は、,プロセス全体のヘーゼルナッツのサステナビリティを向上させ続けることを約束しています。その詳細について、ヘーゼルナッツの各段階を辿って見てみましょう。

フェレロのヘーゼルナッツ

栽培地

フェレロ ロシェで使用しているヘーゼルナッツは、主に地中海型気候の地域にあるヘーゼルナッツ農園で作られた質の高いものです。主な栽培地はトルコ、イタリア、チリ、米国です。中には、サプライチェーンがより大規模かつ複雑な国もあります。そこではヘーゼルナッツは家族経営の農園で栽培され、季節労働者の手を借りて収穫されます。こういった困難な課題には、長期的なコミットメントが必要です。

Tracing our hazelnuts to the farm_pc

ヘーゼルナッツを農園まで辿る

私たちはヘーゼルナッツのサプライチェーンにおいて、農園まで辿れる完全なトレーサビリティの実現を約束しています。これは、ヘーゼルナッツの生産がすべての人に対して価値を生み出すようにするために重要なことです。サプライチェーンがより大規模かつ複雑な一部の国では、このコミットメントを実現することは困難な課題です。他の国、たとえばチリや米国では、すでに完全なトレーサビリティを達成しています。

Hazelnut know-how

ヘーゼルナッツに関するノウハウ

フェレロ ヘーゼルナッツ カンパニーは、ヘーゼルナッツ部門における高い専門知識を有し、ヘーゼルナッツ栽培に関するノウハウと専門知識を構築、共有することにより、品質や生産性を改善し、サステナビリティを向上させています。

フェレロのヘーゼルナッツ

栽培方法

ヘーゼルナッツの木は、毎年秋の収穫時期に実をつけます。私たちの調達元であるヘーゼルナッツ農園は、より広範で、よりグローバルなエコシステムとつながっているということを、私たちは認識しています。また一部の国では、児童労働の防止など、農業をとりまく労働環境やより広義での社会問題の改善が必要であるということも、認識しています。 

Farming with Nature

自然と共存する農業

私たちは、再生農業の原則を自社農園に適用するとともに、主要な調達元の国々の農業コミュニティがこの原則を採用するよう支援することを約束しています。私たちが推進する再生農業の原則には、土壌の健全性の確立、農薬投入量管理に向けた農業生態学的農法の開発、生物多様性の促進が含まれます。

Hazelnuts

継続的な改善

私たちは、一部の国における農業労働条件の課題や社会問題に取り組むには、長期的なコミットメントが必要であると認識しています。

私たちは複数のステークホルダーが参画する取り組みを通して、サプライチェーン全体における児童労働の防止、撤廃に積極的に取り組んでいます。これは、教育を受ける権利や安全な環境を通して喜びを感じながら成長するという形で、すべての子どもが守られるべきであるとの信念に基づくものです。

フェレロのヘーゼルナッツ

収穫後

収穫したヘーゼルナッツは乾燥、洗浄の後、加工のために当社のヘーゼルナッツ工場へ送られます。ここでサイズごとに分類し、中の実を傷つけないよう注意深く殻を割ります。最後に、フェレロ ロシェの品質基準に基づき、ヘーゼルナッツの実を選別します。 

Ready for Ferrero’s facilities:

フェレロの工場へ

分類し、殻を割り、選別する過程を経たヘーゼルナッツは、厳しい条件下で梱包、保管され、さらに品質チェックを受けてから、チョコレート製造工場でローストされ、他の原材料と組み合わされて、唯一無二のフェレロ ロシェが出来上がります。 

当社のサステナビリティへの取り組みをご紹介します

カカオ

他の原材料に関するサステナビリティへの取り組み についてもっと知る。